ナンパゲーマー

30代からのナンパで自己実現する。本当に得たいのは自信だ

30代からのナンパ体験記

30代非モテのおっさんがナンパで女性に声かけして気づいたこと

2018/05/11

声かけで気づいたこと

30代のおっさんである僕がナンパ師の人と合流し、ナンパで初声かけをした。激しい緊張感の中で「あの子に声かけろ」と指名を受け、無理矢理にいった。

声のかけ方もぎこちなく格好悪いものだったが、いくつか気づいたことがあった。今回はそのことを書きたい。

自己紹介はこちら→僕が30代にもなってナンパを始めた理由

広告

初心者が初声かけで気づいたこと

すごくシカトされる

まずこれ。

やる前も当然シカトされるのかなと思っていたが、結果はもちろん余裕でシカトされた。声かける台詞は「こんにちは~、どこ行くの?」という感じ。

声をかけられる女の側になって想像すれば、道を歩いていたら急に男が横から出てきてそんなことを言ってきたら怪しすぎる。シカトが多いのは仕方ないと思った。

僕は男だが人込みでキャッチに声かけられるとやはり警戒するし、シカトする。ナンパブログや本などを見ていると、やはりナンパでは女はシカトが基本らしい。

ナンパ初心者の地蔵解決法はとことんハードルを下げることだと思った

でも思ったほど傷つかない

シカトは多いが、それに対して自分の心は思ったほど傷つかないことにも気づいた。

相手はシカトするが、僕は最初からそれを覚悟していったのでダメージが少なかった。というか少なすぎた。

(シカトするよね?)→シカト→知ってた!

最初からシカトされる前提だと心がいくぶん軽くなる。だが、それは守りの姿勢にも思える。実際、こんな初心者にも少し応じてくれた人がいたのだが、逆に想定外でテンパってしまった。

シカト反応は常にあるものとしておけばダメージは避けられるが、対応された時に困惑してしまうのでは本末転倒だ。シールドはもう少し薄めに貼っておくといいのかもしれない。

一回声かけすると抵抗感が激減する

「街に出てその日一発目の声かけが一番キツイ」というのは以前からブログや体験談などで見聞きしていた。

実際、僕もその日を思い返してみると、まさにその通りで、最初に声をかけるまでが一番時間がかかっていたと思う。

しかし一度おもいきって声を掛けてしまえば、リミッターが外れたかのように抵抗感が激減した。二度目からは(やはり指名はあったものの)一度目に比べると心理的に楽になった感じがした。

抵抗感と声かけ回数をグラフにすると、見事な反比例の線を描くだろう。

ナンパの声かけはその日一回目の声かけをすぐに済ませれば、地蔵せずに済むのかもしれない。

ナンパ歴苦節数か月、20歳留学生を初LINE&連れ出し成功

周りの目が気にならなくなる

上の内容とほぼ同じだが、これもあまり気にならなくなった。

ナンパの声かけ時にある抵抗感って

  1. 知らない女に声をかける緊張
  2. 冷淡な対応をされ恥をかいて傷つくかもしれない恐怖
  3. 周りの人に目撃され冷笑されるかもしれない恐怖

あたりが僕の場合大きいのだが、思い切って声を掛けてしまえば、1と2は継続中なものの、3は気にならなくなる。

というか気にする余裕がなくなる。

自分が声を掛けた目の前の女性に意識が集中するため、周りの視界がなくなる感じだ。心理学とかでいう「カクテルパーティー効果」的なものなのだろうか。人間のこういった機能はありがたいものだと思った。

意外に応じてくれる人がいる

僕がやったみたいな拙くしょうもないナンパの声かけでも意外に応じてくれる女性がいた。

応じてくれるといっても歩き続けながらだったのだが、僕が質問を発するとこちらにちゃんと目を合わせて反応をしてくれていた。

「どこ行くの?」

「はい…家に」

「仕事の帰りなの?」

「はい、そうです…」

内容はこんなものだったと思うが、顔には困惑しつつも愛想笑いまで浮かべてくれていた。

表情から迷惑や困惑した雰囲気が明らかに読み取れるが、一応の会話に応じてくれるだけでもシカトとは天地の差だ。というかよく応じてくれるなと思った。

僕自身、道で遭遇したティッシュ配りや居酒屋のキャッチは余裕でシカトしたりするが、つい反応してしまった際は相手を傷つけないよう愛想笑いを浮かべて断ることもある。

ナンパの場合は、僕がキャッチの側で、声をかけられる女性が僕の側なのだ。立場がいつもと違う。

無理に断れない人っていわゆるお人よしな部分がある。そういう人を探して、そういう部分に付け込んでいくのがナンパなのかもしれないと思った。

大半はシカトするが、シカトしない人を探して、突破口を広げていく。そういう理解でいいのだろうか。

「ナンパ師」との初合流。ナンパ師ってどんな人?全然想像と違った件

-30代からのナンパ体験記

広告