ナンパゲーマー

30代からのナンパで自己実現する。本当に得たいのは自信だ

30代からのナンパ体験記

30代ナンパ初心者の初アポ実況中継③ 居酒屋で手つなぎ~終了まで

ナンパした女子との初アポの続き。

僕らはカフェで1時間ほど話し、ぶらぶらと少し歩いた後で居酒屋へ入った。

広告

居酒屋で距離を縮める

居酒屋は全品300円のところに入った。

店内は金曜日ということもありそこそこ埋まっていた。座敷席に通された。個室ではない。

僕らは向かい合って座った。女の子と座るときは、対面より隣同士で座った方が、物理的な距離の関係上いいとのことだったが、まあいいだろう。

飲み物といくつかのツマミを注文した。

いろいろな世間話をした。普段の生活、仕事、バイトなど。やはりメインは国際ネタが多かったが、ほどよく和めたと思う。

ある時、ローサがスマホを取り出した。僕も取り出し、過去に撮った画像の見せ合いになった。

彼女はSNSにはまっているらしく、友人との写真を見せてくれた。僕は一人で食べ歩いたメシの写真ばかりだった。もしかして寂しい人という印象を与えてしまったかもしれない。スマホの写真は盲点だった。今度、リア充っぽい写真も撮っておこうと思った。

アプローチが次々決まる

ここで我ながらナイスプレイをやれた。スマホを見せるふりをして、彼女の隣の席へと自然へ移ったのだ。距離を縮めるならやはり、物理的な距離から縮めなければ。

楽しい友人同士のような雰囲気になってきた。

僕はここでスキンシップを試すことにした。

手を握りたい。といっても、いきなり握る勇気はなかったので、テーブルの上に、手を広げてドンとおいた。

「なに?」

「なんだろうね」

「えー!なにか?」

「手だよ。手、のせて。」

ふざけた感じをだしつつ、相手の手をのせるように促した。ローサは照れたように笑いながら手を僕の上に重ねた。

僕は彼女の手を握ることに成功した。(うわー、女の子と手を繋ぐとか何年ぶりなんだろう)と高揚した。その後しばらくは手を繋ぎっぱなしで話した。

なんとなくラブラブっぽい雰囲気が出て、とても心地が良かった。

以下、ダイジェスト

ここまでちょっと記事が長くなりすぎて以下は顛末までを簡単に書く。

その日は外で座ってキスまでした。

部屋にくるよう誘ったが、断られ解散となった。

後日、ローサの留学生仲間を含め4人で飲みに行った。

その帰りに二人でカラオケに。

キスし、胸を触ろうとするも拒否られ怒らせてしまった。

「なげまさん、悪い人に思えてきた」と言われ軽くショックを受ける。

真面目に生きてきた自分にとって、そんな風に言われるのは初めてだった。
そして、そんな風に思わせてしまった自分の未熟さも情けなかった。

部屋に誘うも、黙って首を振るローサ。
しゃべらなくなってしまった。

ネットで調べたが、ベトナム人は貞操観念が強いらしい。

婚前交渉NGだという。

「じゃあ付き合う?」と聞くと、無言でウンウンと首を縦に振るローサ(この動作はかわいかった)。
まさかの彼女OK宣言発令。

しかし、僕はなぜか驚くほど冷静だった。

一人とセックスするために長い時間かけて付き合っていくのは、なんのためにナンパ始めたのかわからない…そう理性的に考えていたのだ。

一人の女に尽くすのは、非モテコミットを繰り返すことだ…。
そう考えてうやむやにした。

そのまま、結局なにも進展を見せることなく、その日は駅で解散した。

あとで少しだけラインした。
一緒に飲んだ友達からの評判は良かったとのこと。

まあ、年上だったけどちゃんと場に馴染めていたと思う。

ローサとはこの先リカバリーも難しそうと思ったので、率直に残る脈を聞くことにした。

「俺のことどう思ってる?」

「なんとも思ってない^^;」

あれ?
付き合ってもいいとか言ってたのに。

女心というのは本当によくわからない。

これで試合終了だな…。
そう思った僕は「もう会うことはないと思うけど」などと言ってしまい、自ら縁を断ち切った。

ゲームの後で

カラオケ屋でのやりとりは、がっつきすぎてしまったと思う。

思えば、相手を説得しようとする形になってしまっていた。

「僕とセックスしましょう!大丈夫ですよ!なぜしないのですか?」

こうなるとおしまいだ。
目の前の男の価値が急落していったのだろう。

「私は…セ、セックス…しない…です」

ピュアな若い女の子が、口に出すのを憚るようなワードを、懸命に絞り出して拒否した。
正直、思い出すと本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

僕は彼女の好意を踏みにじったのかもしれない。
恋愛未経験のローサは、僕とのロマンチックな未来をひょっとしたら思い描いていたのかもしれない。

僕はなにがしたかったのだろう。

もちろん、セックスがしたかったんだが…。

ローサを傷つけたかったわけじゃない。

こんな後味の悪いことになるとは思わなかった。

誰も得しない。

男が下手だと、女も傷つくことになるんだな。

この苦さは胸に刻み、次に生かしたい。

-30代からのナンパ体験記

広告