ナンパゲーマー

30代からのナンパで自己実現する。本当に得たいのは自信だ

ナンパについて思うこと

【ナンパ声かけ】誠実系でのアプローチは決して間違ってない

ナンパブログやナンパ本を見ると「誠実系はやめたほうがいい。誠実なキャラクターが固定されてギラつきにくくなるから」という意見がある。

この意見は最もだと思うが、必ずしも正しいとは限らないと僕は思う。
少なくとも初心者にとっては。

今回はそんなことについて話す。

広告

誠実系はダメなのか?最初からチャラくアプローチすべき?

上級者の主張する「誠実系よりチャラ系説」の主張はこうだ。

  • 誠実系:反応は良いが、ゲットが難しい
  • チャラい系:反応は悪いが、一旦食いつけばゲットは容易

上級者にとっては「ヤレない女は相手するだけ無駄だから、最初からふるいにかけられて効率がイイ」ということなのだろう。

とても合理的だと思う。

しかし、これに倣って初心者まで最初からチャラ系でいく必要は必ずしもないと思う。

例えば僕の場合、チャラいとは程遠いオタク人間で誠実アプローチを繰り返していたのだが、ある時上級者にならってチャラい系を試したことがある。

「すみません、あの」から

「おつかれーww」みたいなのに変えたのだ。

結果は散々だった。
不自然でぎこちなくなり、キモがられて失敗の連続。
自信まで失った。

非モテが発するキモオーラの正体

さらにその後「ナンパはチャラくなきゃダメなんだ…」と強迫観念のようなものに襲われてしまい、しばらく引きずることになった。
活動も停滞した。

大失敗だった。

賢人の答えが至高とは限らない

この話の教訓はこうだ。

上級者にとっての最適解は、初級者に当てはまるとは限らないということだ。

ナンパ以外でもそう。

例えば、坂本龍馬なり、ジョブズなりが長い道のりを経て見つけ出した答えを、初心者がそのまま実践して、果たして本当に物になるのだろうか?

賢人の答えは万人の薬となるのか?

無論、そうはならないはずだ。
むしろ毒にすらなる場合もある。

僕の場合は、上級者の言葉をそのまま鵜呑みにして失敗した。

人それぞれの答えがある

そもそもチャラいアプローチを推奨する人は、経験値がある程度たまっている人だと思う。
経験人数を重視するスタイルであり、ヤレないならそれに付随する経験は全ていらないという人。

初心者の場合は、誠実系でアプローチし、最後にやれなかったとしても、過程で学ぶことがたくさんあるはずだ。

デートの店選び、話題、話し方や立ち居振る舞い…、いくらでもある。
その一つ一つが、初級者にとっては糧となる。

僕は誠実系がだめだとは思わない。
非モテからスタートする人は女と話す経験量が大事なので、むしろ受けいれられやすい誠実系でいくべきだとすら思う。

声かけという生存率1割未満の超絶エクストリームな苦行で挫折するよりは、少しでも女と話す機会が増やせるほうがずっといいはずだ。

初心者の頃の成功体験がその後を左右する。

人それぞれ、段階によっても答えは違う。
自分の頭で考え、試行錯誤しなければ上達はありえない。

初めてナンパした子とデートに行った話を超詳細に話す

-ナンパについて思うこと

広告