ナンパゲーマー

30代からのナンパで自己実現する。本当に得たいのは自信だ

30代からのナンパ体験記

ナンパは女への復讐なのか。ダークサイドに堕ちる元・非モテナンパ師

2019/03/28

非モテ出身の人が書くナンパブログを読んでいたりすると、怨念のようなものが行間に垣間見られることがある。

彼らに多く見られる共通点として、昔一人の女に「誠実に」尽くしたのに手ひどく捨てられた…という過去を持っていたりする。

僕は思った。

ナンパ行為とは、女に対する復讐なのだろうか?

広告

非モテの抱える心の闇、ルサンチマン

非モテとは恋愛的な弱者だ。

僕もそうだったからわかるが、非モテは時にルサンチマンを胸に抱く。

「なんで俺は受け入れてもらえないんだ…?」

「なんであいつばっかりモテるんだ?」

「女はこの世にたくさんいるのに、なんで俺だけ…」

鬱積した思いは、時に怒りの炎を伴う。

「くそっ、女どもめ。見る目がねえ…!」

「女め!」

そんな中、ナンパに目覚めて結果がでる。

失われた青春を取り戻すかのように、女をとっかえひっかえする。

ここに復讐心があるのだろうか。

自分が女に軽視されてきたから、罪もない別の女の心をもてあそんでヤリ捨ててやり返す?

その子個人に恨みはないが、自分を軽視してきた女という総体への復讐になる?

 

馬鹿で幼稚な論理だが、僕自身にこんな感情がわいたことないかといえば、1ミリもなかったとはいえない…。

恋愛強者である「女」をないがしろにする快感

この間、女を振った時に、なんか少しだけスカっとしたものを感じてしまった。

その子が今までふってきた男たちの仇を取ってやったような…そんな不可思議な気持ちを感じてしまった。

 

どうかしてるぜ。

「お前に恨みはないが、お前の国は俺たちにひどいことをしたから、お前も憎い!」みたいなのが戦争映画とかであるが、それに近い。

 

高齢の非モテは女に対する逆恨みのような敵愾心を持つようになる。

ネットを見てもこの傾向は明らかにあると思う。

やたらネットで女たたきをしている層の放つ非モテオーラ。攻撃性。幼稚性。

 

自分も罹患している。

男はプライドの生き物だし、自分を無碍にする女の対応は本当に悔しいし腹が立つものだ。

 

しかし、「復讐」は間違っても他者を傷つけることではなく、自分の人生をより充実させることとするべきだ。

自分を振った女のことを考えてエネルギーを使うなんてもったいないことだ。
そんな女は秒で頭から追い出し、有意義で前向きなことに力を注ごう。

それがきっと誰にとっても最良の結果になるに違いない。

-30代からのナンパ体験記

広告