ナンパゲーマー

30代からのナンパで自己実現する。本当に得たいのは自信だ

ナンパについて思うこと

若い美人を落としたい。ブスを落としても男の自信は回復しない

ナンパを始めてから以前より遥かに女を抱けるようになった。テキストで学習した情報は実践でも機能した。

恋愛工学などにある現代の技術は僕の人生を変えている。

女とセックスできるということが男へもたらす変化は大きい。

だが、まだ足りない。

僕は若い美人を落としていないのだ。

広告

フツメン女だけでは足りない

美女を自然と避けていた。

未だに顔のいい女がいると緊張してしまう。結果、フツメンで「俺でもイケそう感」のあるフツメン女に足が向く。

非モテというマイナススタートからだから自然と自分に制限がかかっている。

ここでいう美女とは、横にいれば誰もが羨み俺を高く見てくれそうなほどの容姿を持つ女だ。

こういう女を落とさなければならない段階に入ったのかもしれない。

町で美女を見かけ、その横の男を見るたび劣等感にかられる。

いくら普通並の女とできたところで、美女を落とした経験のある男の自信には勝てない。

自分の人生に「美女を自力で魅了しセックスした」という経験が絶対的に必要だ。

若い美女は日常的に男からアプローチを受ける。質の高い男もいるだろう。

恋愛経験値がずば抜けている。全世代のいろいろな男が求める、競合価値の高い女。

目が肥えているので落とすにはかなりの魅力が必要となる。

そんな女を魅了できれば、自分の自信がさらに補強できるはずだ。

フツメン女とのセックスも魅力的だが、もっと栄養がほしい。

そういえば「ぼくは愛を証明しようと思う」でも、ある程度セックスできるようになった主人公は次第に質へとシフトしていった。

そういう段階がきたのかもしれない。皆、量に満足したら質に行くのだろうか。

僕は女を、女との経験を自分の自尊心に結び付けている。

リア充ではなく、暗い人生を送ってきた。

自分の価値を相対的にしか見られない。

-ナンパについて思うこと

広告